40代で脱サラして農家になる男の話。

20代をほぼニートとして過ごし、

30代のサラリーマンを経て、

40代で脱サラして花農家になります。



こんにちは。

タンケラです。



2020年5月10日付で、

仕事を辞めました。


41歳、無職です。


35年ローンのマンションも売りました。

たった5年しか住んでいません。



今は福島県相馬郡に移住して

花農家を目指しています。


“40代の男が脱サラして花農家になる”


これ、絶対失敗するパターンじゃん!



って思うかもしれませんが、

もう家も仕事もないので、

後戻りできません。


興味ないと思いますが、

花農家を目指すまでのことを

お話したいと思います。


ド底辺ニートの20代

20代は、ほぼニートでした。



控えめに言って、

どうしようもないカスです。



派遣やアルバイトを、転々としてたんですが、

嫌なことがあったら、すぐ辞める。

とにかく続かない。



20種類以上は、経験しました。



気が付いたら、

当時付き合っていた彼女のヒモでした。



ちょっとバイトして、

ニートに戻っての繰り返しを

5年以上やってました。



今よく生きてるなと思います。



それも20代後半になってくると、

将来への不安を感じてくるわけです。



とにかく何でもいいから働けや!

って、話なんですけど、



なんか変なプライドというか、

謎のこだわりがあって

仕事を選んでました。



「この仕事は、ちょっと違うかな…」

みたいな。



そんな時、ある事件がきっかけで

ちゃんと働こう!

と思い始めるわけなんですけど、



ある日、どうしてもジーンズが

欲しくなって、いろいろ探してたんですけど、

BEAMSとかナノユニバースとかは高くて、

到底、手が出ません。



当時は、

ユニクロとかゾゾタウンがなかったので、

とりあえず、お値段がお手頃な

GAPのセールで

買うことにしました。


当然ですが、

服を買う余裕なんてありません。



狂気の沙汰です。



日払いのアルバイトで稼いだ、

なけなしのお金を握りしめて

東武東上線の川越にある、

GAPに向かいました。



じっくりと時間を掛けて、

慎重に何着か試着しました。



若干妥協はしたものの、

お眼鏡にかなうものを

買うことができました。



たしか3980円だったと思います。



さー、

「家で一人ファッションショーやろう!」

と意気込んで家に帰るわけなんですけど、

鏡の前に立った瞬間に違和感を感じました。



「あれ…なんか…でか…い……」



痛恨のサイズミス。

愕然としたのを覚えています。



今の感覚だと、

39800円をミスった感じです。



そのくらい絶望感を感じました。



「試着もまともにできないのか…」

という、ふがいなさと

喪失感で、

しばらく放心状態でした。

超くだらない話ですけど、

実話です。

終わってます。


一念発起して就職活動

アホだった私は、

その日をきかっけに

“好きなだけ服を買えるくらい稼ぐ!”

を目標に

一念発起して就職活動を始めます。



とりあえずハローワークに行って、

履歴書の書き方とか一から

勉強しました。



とゆうか、

職歴スカスカなので

書くことがありません。



とにかく

作文でアピールしました。



それでも

何社か面接を受けることになって、

学生時代に買った、

冠婚葬祭用のブラックスーツに

イオンで500円とかの、

ネクタイを締めて

ABCマートで買った、

テッカテカで合皮の革靴で、

面接に挑みました。



くっそダサいんですけど、

当時の私は、

完全にイケてると思っていました。



面接の内容と言えば、

ほんと嘘ばかりで、



>>エクセルとワードの経験は?

あります。(即答)



>>学校卒業してから何してたの?

友人とヤフオクで

転売などをしていまして、

法人化する予定でしたが、

事業に失敗しました。

など。



嘘八百

こんなんで、

受かるわけないと思うでしょ?

ところが

1社、内定もらったんですよ。

印刷会社の営業でした。

よく採用しましたね。

社長。


初めての正社員

“憧れの厚生年金”

“念願のボーナス”



そこからは、

初めての正社員ということで、

やる気もあり、

エクセルやワード、ビジネスマナーを

必死に勉強しました。



そこの印刷会社に5年ほど勤めて、

オファーがあって他社に移ったんですけど、

約14年間、サラリーマンを経験しました。



2社目は、

年功序列がはっきりした会社だったので、

中途採用の私に、上を狙えないことが、

すぐ分かりました。

花農家になる!

“独立したい”

“何か自分でやりたい”



漠然と思っていました。



そして、

この村との出会いがきっかけで、

花農家になることを決めました。



かなり無謀な挑戦だと思いますが、

20代のニート脱出よりマシなのかも。



しかもあの時よりは、

利口になっているはず。

20代30代でくすぶっている人

年齢を理由に諦めようとしている人



ここに、崖っぷちの男います。


では。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親父の写真館