42歳、無職の現実 ~税金・再就職・借金~

20代をほぼニートとして過ごし、

30代のサラリーマンを経て、

40代で脱サラして花農家になります。


こんにちは。

タンケラです。


2020年5月10日付で、

仕事を辞めました。


42歳、無職です。


「あぁーーーーー!

すっきりしたーーーーーー!」

と思えるのも束の間です。


40代の無職には、

厳しい現実が待ち構えています。


これがリアルです。


脱サラ前の年収(総支給額):

550万円


税金がエゲツナイ


現在、収入はありません。


貯金を切り崩して

なまくら生活をしています。


そんな甘ちゃんを

御上は見逃しません。


納付書は、

すぐ届きます。


もれなく

すぐ、

届きます。


しばらく投函される郵便物に

怯えることになります。


“持続化給付金”

“布マスク全戸配布”

あんなに時間が掛かってたのに、

もともと存在している制度とはいえ

もの凄いスピード感です。


任意継続健康保険料金:

35,000円/月


国民年金保険料:

16,540円/月


市県民税:

60,800円/四半期

などなど


コンナニ

ハラエルワケ

ネーダロ


税金は昨年の年収ベースで計算されるので、

今無職だろうがなんだろうが容赦はありません。


御上からしたら

「知ったこっちゃねーし」

「お前が勝手に辞めたんだろうが」

て話です。


ごもっとも。


今さらながら

「サラリーマンは平和~~~」

て思いました。


てことで免除やら猶予やら

申請しています。


事業が軌道に乗るまで

皆さんのお世話になります。


すみません。


失業給付金をもらう


花卉事業の収益化目標は、

来年の7月予定です。


あと1年もあるのか。


長い…

長すぎるだろ……


でも諦めるわけにはいきません。

絶対に花卉事業で

成功して、

みんなを見返してやるんだいッ!


なので、

もちろん失業給付金の

手続きをしています。


給付までの日数は、

自己都合の場合、三ヶ月ですが

台風19号がらみの特別措置で

一ケ月に短縮されていました。


退職証明書が届いて、こうなって

ハローワークに行って、ああなって

7日間の待機期間が、どうなって

結局、最短で約2ヶ月後に振り込まれます。


これで特別措置がなかったら、

給付開始まで約5ヶ月後です。


首の皮一枚繋がったぜ。

ふい。


再就職はかなり難しい(しないけど)


私が移住した村は、

人口約5000人の村です。


国技館の収容人数は、11,098人

武道館は、14,471人

東京ドームは、55,000人


また新型コロナウイルス対策で

イベント規制が緩和されて、

5000人まで観客入場が

認められました。


これで村民全員参加の

イベントも開催が可能です。


なんの話や。


ちなみに

お隣の人口は、

福島市が人口約30万人

相馬市が約4万人


お察しの通り、

仕事は少ないです。


しかも関東にいたら

箸にも棒にもかからない仕事ばかり。


お金は関係なくて

ただ田舎暮らしがしたい

ハッピーな人は、

年収激減で良ければ。

仕事はあると思います。


最終的にハローワークの相談員から

勧められた仕事が、


「遺跡発掘作業員」


それ…

私にですか……

楽しそうだけども………


就農者だったり、

特別な理由がない限り、

かなり厳しい。


40代ってことだけで、

絶望的なのに。


とういか、

農業以外で移住する意味が

あまり見当たらない。


物価も別に安くはない。


地方創生とか

絶対に無理でしょう。


だって

仕事ないんだもん。


移住してきたとしても、

町内会だのなんだのと

老害が騒いでるような町じゃ

なおさらです。


新旧が入れ替わる前に

衰退していくでしょう。


だいぶ脱線しましたが、

特別な才能やセンスがない

私のような凡人には

東北での再就職はかなり厳しい。


というか

絶望的。


まとめ


予想以上にお金が掛かります。


お金が足りません。

これに尽きます。


サラリーマンの時は、

給料から天引きされていたものが、

納付書に変わり次々と届きます。


こちらは丸腰なもので

重傷を負うわけです。


(前ZOZOTOWN)前澤さん

お金くれないかなぁ。

の心境です。


固定費を減らして、

使える制度は使って

なんとしても

生き延びます。


まだ事業以外の生活費で

借金はしていませんが、

時間の問題かもしれませんね。


では。

また。


PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親父の写真館